キャリムエンジニアリングのエアサストレーラー

キャリムエンジニアリングのエアサストレーラー

キャリムエンジニアリングは超精密装置と言われる半導体や液晶の輸送を担っている会社である。
同社では国内最大級のエアサストレーラーを所持しているという。
このエアサストレーラーとはエアーサスペンションの略で、通常のサスペンションでは金属バネを使用しているところを金属を使用せずに圧縮空気をバネとしているものである。
このエアサストレーラーの特徴は何といっても荷台振動の軽減にあるという。
積載する重量の増減に対して反発力を均衡させる働きがあるのだ。
これは重たい石板を運ぶ場合多少の振動にはびくともしないのに対してケーキや繊細な商品では多少の揺れでも振動が多く伝わってしまうことを想像するとわかりやすいかもしれない。
エアサスなら後者でもある程度の振動は防げるようだ。
半面、メンテナンス面においては金属部品より繊細でコストがかなり高いという弱点もあるという。
定期的な点検や修理は必須項目なようだ。

キャリムエンジニアリングの超精密装置

超精密装置の輸送には振動の軽減は何よりも不可欠だろう。
コストが高くてもお客様への信頼のためにキャリムエンジニアリングは、このエアサストレーラーを相当数所持しているのではないだろうか。

キャリムエンジニアリングとの出会い

キャリムエンジニアリングとの出会い

ひょんなことからキャリムエンジニアリングという会社の名前を耳にする機会があった。
話をしてくれたのは私の弟である。
弟は小さいころから車が大好きで毎日毎日飽きずに車の絵をかいたり、まねごとをしたり、車の本を熱心に読んだりしていた。
学生時代のアルバイトはガソリンスタンドだったし、18歳で免許を取ったのち大型やけん引の免許なども次々に取得し現在も運送会社で勤務しているという、類稀な車好きではないだろうか。
そんな弟の会社の同僚がキャリムエンジニアリングで運送に携わっている友人を紹介してくれたのだという。
弟と同じく、子供のころから車が大好きで現在も仕事だけでなく休日もドライブなどを楽しんでいるという。
大型車の運転をすると聞いた時点で私は勝手に男性を想像していたが、この方は実は女性だった。
どうやら弟の同僚が弟に女っ気のないことを心配して紹介してくださったようなのだ。
同じような境遇で、同じ趣味を持つ二人がこの先良い縁に恵まれることを、姉としては願わずにはいられない。

縁のあるキャリムエンジニアリングのトラック

弟の知人がキャリムエンジニアリングという運送事業会社に勤務していることを先日聞いたばかりだったが、どうやらその知人は弟の彼女になってくれたらしい。
母親がこっそり報告してくれた。
私はすでに嫁いでおり実家を出ているのだが近所に住んでいるので近々お目にかかれるのではないかと期待している。
そんなある日、子どもと散歩をしていた時のことである。
大通りの信号待ちをしていると息子が「おっきいトラック、かっこいいね」と横切るトラックを見て目をキラキラさせていた。
何気なく目をやるとそのトラックにはキャリムエンジニアリングのロゴがあったのだ。
あまりの偶然に驚いたのだが、さらに驚いたのはこのトラックは以前から息子のお気に入りのトラックだったということだ。
今までは会社名など気にも留めなかったのだが、いざ弟から話を聞いた後になればこんなにも身近にキャリムエンジニアリングの車が通っていたのだ。
不思議な縁を感じ息子の将来も、もしかしたら大型車の運転手なのではないかなどと想像してしまった。

ハッピーマムに子どもを預ける

ハッピーマムに子どもを預ける

私には現在5歳の長女、4歳の長男、そして2歳の次男がいる。
結婚してからも仕事は続けていて長女を妊娠してもまだ退職はしなかった。
しかし長女を出産するにあたって専業主婦になるか仕事を続けるかは本当に悩んでいた。
当時の職場の先輩にいろいろ相談をしていたらハッピーマムという保育所の存在を教えてくれた。
先輩が利用している地域とは違ったが自宅の近くにもこの保育所は存在した。
専業主婦にはいつでもなれるから、まずは仕事を続けながら育児をしてみてはどうかとアドバイスを受け、さっそくいろいろ調べた。
実際に見学させていただいたら預けられている子どもたちはとても楽しそうで皆がニコニコ元気に活動していた。
保育士さんも丁寧に対応して下さり入所方法などの説明もわかりやすかった。
そしていざ入所させていただいたわけだが、子育て初心者の私は乳児一人を扱うのも四苦八苦で保育所に連れていくのも一苦労だった。
毎日ゼイゼイ言いながら預けに行くと決まって笑顔で保育士さんが引き取ってくれる。
仕事が終わって迎えに行くとその日の出来事を細やかに報告いてくれる。

ハッピーマムに子供を預ける

一人で苦労している私には何人もを受け持つ保育士さんが神のような存在に見えることすらあった。
あれから5年少しは初心者から成長しただろうか、今でも我が子は三人全員がハッピーマムのお世話になっている。

ハッピーマムの基本理念

ハッピーマムの基本理念

東京都認定保育所・認可保育所であるハッピーマムでは3つの基本理念があるという。
一つ目は関わる全ての人が笑顔になれる保育を目指すということ。
二つ目は遊びを楽しむことから学び、健康な体づくり、想像力・思考力を養い、優しさを育むこと。
そして三つめは子どもたちの成長の喜びを分かち合い、ともに子育てを楽しむことだ。
幼い子を持つ母が仕事に復帰するか育児に従事するかの狭間で悩む際に、このように子どものための保育をしてくれるというのはとても心強いものではないだろうか。
ハッピーマムではこの基本理念を基に情操教育にも力を入れているという。
体験型の学習を取り入れ各カリキュラム専任の講師を迎えリトミックや体操教室、プリスクールを実施している。
どれも子どもに習わせたい科目ばかりではないだろうか。
働きながら実際に習わせるのは非常に難しいし月謝もばかにならない。
それを教育の一環として取り入れてくれるのは非常にありがたいことだ。
また毎日の食事の中で食べる楽しさやマナーを覚える食育にも力を入れているという。
幼いうちに覚えたことは大人になっても身についていくものである。
食は一生必要なもので大切なマナーでもあるので、こういった気遣いも働く母には嬉しいポイントだろう。

東京都認可認定保育所ハッピーマム

東京都認可認定保育所ハッピーマム

ハッピーマムは東京都内に全7か所ある認可保育所または東京都認定保育所である。
後者の東京都認定保育所とは大都市の立地条件では従来の国の基準での設置が困難だと想定されることから、平成13年に東京都独自の制度を創設したものである。
この基準を設定したことで多企業からの事業参入を促進させ、サービスの向上や近年の多様化する保育ニーズへ対応しようとの試みなのである。
この制度がスタートした年に民間会社で初めて東京都認証保育園の第一号として設立している。
東京都認定保育所は駅前基本型と小規模、家庭的保育所の2種類に分類されるが、ハッピーマムでは前者の駅前基本型の保育所が設置されており、働く母親が送り迎えしやすい立地を選んでいる。
親子や周りのみんなが笑顔になれる保育を目指しているハッピーマムは、このように都内で駅に近いという費用面から見れば厳しいであろう立地に設立していることからもその姿勢をはかり知ることができるのではないだろうか。

メインキャストの主な出演実績

メインキャストの主な出演実績

メインキャストは平成14年に設立された芸能プロダクションですが、一体どんなタレントさんが所属しているのでしょうか?男性では川本淳市さんや河原田巧也さん、荒牧慶彦さん。
女性では馬場野々香さんや秋山璃帆さん。
10代後半〜30代のタレントさんが多く所属しています。
ドラマ・映画・CM・舞台など、幅広い出演実績を残しています。
自由にカリキュラムを組めるレッスン制度や、スタッフによる個別面談など、所属タレントをサポートするシステムが整っている印象ですね。
「地道に一歩ずつ、共に頑張っていこう!」という理念からも分かるように、タレントさん一人ひとりを大切にしている事務所なんでしょう。
メインキャストの強みとして、東京本社の他に、大阪・名古屋支店があるという点があります。
3か所に事務所を構えることで、活動範囲を広げているんですね。

メインキャストのキャスト実績

所属タレント100人程度と、規模はそこまで大きくないですが、最近ではミュージカルの出演も多く、着実に実績を上げているようです。

「メインキャスト」オーディション開催中!

「メインキャスト」オーディション開催中!

ドラマに出たい!舞台に出たい!モデルになりたい!でも、きっかけがつかめない…そんな方、多いと思います。
ダンスや歌を習っていても、舞台やドラマの一般向けオーディションをやっている所はなかなかありませんし、応募するにもそれなりの経歴が必要になります。
また、どこで専門のレッスンを受ければ良いのかわからず困っている…なんて方もいらっしゃいますよね。
そんな方は、事務所に所属することをまず最初の目標にしてみてはいかがでしょうか。
事務所はオーディションの仲介をしてくれますから、可能性が一気に広がりますよ。
でも、芸能事務所は沢山ありますし、オーディション時期も様々ですよね。
例えば、「メインキャスト」は現在オーディションを開催中です。
「メインキャスト」は東京・大阪・名古屋に事務所があります。
書類審査・面接を経て合否が決まり、合格した場合は、所属タレントになることが可能です。
所属後は充実したレッスンが受けられます。
今スキルに自信がない方も、初めの一歩として挑戦してみる価値アリですよ。

芸能プロダクション「メインキャスト」って?

芸能プロダクション「メインキャスト」って?

芸能プロダクションって沢山ありますよね。
規模も様々ですし、プロダクションによって特異な分野や所属タレントのタイプが違っていたりします。
今回は「メインキャスト」という芸能プロダクションについてご紹介します。
メインキャストは平成14年に設立され、新宿に東京本社、現在では大阪・名古屋支店を構え、全国各地に活動の拠点を広げている事務所です。
100名程のタレントが所属しており、ドラマ・映画・舞台・CMなどの出演実績があります。
10代〜30代のタレントさんが多いみたいです。
あまり決まった「色」というものはなく、通年でオーディションを開催していることもあって、様々なジャンルの方を取り入れている印象です。
社長が珍しく女性ということもあって、女性タレントも多いですね。
「地道に一歩ずつ、共に頑張っていこう!」を理念としており、スタッフによるタレントのサポートが充実しているのが特徴です。
最近ではアニメや漫画原作のミュージカル出演が増えてきているみたいなので、要チェックです。

保健科学研究所のモットーと社員の待遇

保健科学研究所のモットーと社員の待遇

人材は財産である、をモットーに保健科学研究所は社員だけでなくインターンシップや臨床実地実習の受け入れに力をいれています。
臨床検査技師、営業、システムエンジニアの分野でインターンシップを受け入れています。
受講生は3つのカリキュラムから1つを選択します。
それらは、社員から会社に関する説明を受ける見学型(セミナー型)、実習生が企業に出向いて業務を体験する体験型、そして、企業から与えられた課題に実習生が主体的に取り組む課題解決型の3コースです。
保健科学研究所に入社の後、社員教育を通し人財の育成に力を注ぎます。
社員は新人社員対象、一般社員、中堅社員、管理職の各社員別に教育と訓練を受けます。
入社後の日々の研鑽と努力により得た給の一部を紹介しますと、2012年度の新卒入社3年の25歳男性の給与は500万円を超えます。
該当者の基本給は月額20万円ですが、各種手当を加えると月給は30万円を超えます。

保健科学研究所の社員待遇

特に定期賞与は年3回で他にインセンティブ賞与と決算賞与を加え合計すると年間100万円を大きく上まわります。
賞与が年3回支給されるところは少ないと思われます。

保健科学研究所の採用案内

保健科学研究所の採用案内

生化学検査や血液検査等、臨床検査試験の多くは検査センターで行われています。
保健科学研究所は民間の衛生検査書の草分けとして設立され、これまでに本邦初の検査機械の自動化を行い、国民の健康に貢献すべく臨床検査試験に取り組んで参りました。
経営理念は検体検査を通し国民医療に貢献する企業の資質向上と社員の研鑽を図り、国民の健康保持増進にキヨすることです。
現在、当保健科学研究所は臨床検査技師を募集中です。
臨床検査技師の国家試験受験予定者および既取得者に応募資格があり、随時会社説明会を案内し受け付けています。
採用試験場所は横浜、千葉、静岡、福岡、大阪です。
次に、本社ラボ、支社ラボ、サテライトラボ、全国の契約先病院での勤務を前提として、検査技師のバートを募集中です。
電話で面接の予約を行っています。
採用後は健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、厚生年金基金等の各種社会保険が完備した雇用形態のもと、週40時間のシフト制で勤務して頂きます。
応募をお待ちしています。