これらの設備がキャリムエンジニアリングで使用されています

これらの設備がキャリムエンジニアリングで使用されています

特殊な輸送品を取り扱うキャリムエンジニアリングですが、事業の際利用している備え付けの設備も充実しています。
精密機器を制作するために最適な環境であるクリーンルームが4つ設置されているだけでなく、前室やエアシャワーといった設備も整っています。
そしてこの様な制作スペースはもちろん、作業目的の自社船や重機材まで種類が多い事もキャリムエンジニアリングならではの良質なサービスの提供につなげています。
海外輸送の際に使用される巨大な自社船は、精密機器の安全な輸送のために適した船内のシステムが充実している事が特徴です。
更に重機材の説明になりますがクレーンやフォークリフトの他に、陸上での運搬の際必要になるトレーラーやトラックも様々な作業に応じたものが多く揃います。
キャリムエンジニアリングから学ぶ姿勢
加えてコンテナも6種類設備されており、キャリムエンジニアリングにある全種類のコンテナの保有数を合計すると490近くにもなります。
上記で挙げた数々の設備がこの企業で日々行われている精密機器の取り扱い作業を手助けしています。

Comments are closed.