クレジットカード会社から見る「クレジットカード現金化」

クレジットカード会社から見る「クレジットカード現金化」

クレジットカードには「キャッシング」のほか、商品やサービスを購入する「ショッピング」の機能があり、それぞれ利用金額が設定されています。
「クレジットカード現金化」は、「ショッピング」の利用可能枠を換金利用することです。
最近、「クレジットカード現金化」という広告をよく見かけませんか。
これらは今すぐ現金が必要なカード利用者に、ショッピング枠の現金化をすすすめる内容になっています。
換金目的でカードを利用するのは、業者に提供したカード番号や個人情報等が悪用され、思わぬトラブルに巻き込まれるケースも多く見られ、そもそも「クレジットカード会員規約」を違反しています。
「カードの利用停止」など、カード利用者にとっても不利益な罰則を課せられることになります。
もちろんクレジットカード会社はこれらの行為を認めていません。
最近では「クレジットカード現金化」排除に向け、クレジットカード会社・販売会社、さらには行政機関などが協力しつつカード利用者(消費者)への対応を図っています。

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の方法はさまざまですが、ここでは自分でやるクレジットカード現金化の方法と、業者でやるクレジットカード現金化の2つをご紹介します。
まず自分でやる現金化ですが、還元率を最大に高めることが出来ると言えるでしょう。
ただ、換金率の高いであろう商品を狙って買い、またそれを高価買取してくれる店に持ち込み査定してもらう必要があるため大変手間のかかることとなります。
価格変動の情報収集や店舗に行ったり商品を郵送するなどの労力がかかります。
また価値の高いと思われる商品はクレジットカード会社も常時チェックしているわけですから、換金の事実が見つかるとカードの利用停止などの罰則を科されることがあるのです。
次に業者でやる現金化ですが、色々な業者を比較検討し、中でも高い還元率の業者を選ぶことができます。
現金化利用とバレてない決済代行会社を通すので、利用停止のリスクも低くなります。
還元率はだいたい80?70%以下になることが多く、運が悪い時は悪徳業者に当たってしまうこともあります。

時間的に余裕があるなら自分で、手軽にお金を手にしたいなら業者による現金化。
あなたの好みでベストな方法を選んでくださいね。

Comments are closed.