多種多様な貸事務所を京都で見つけよう

多種多様な貸事務所を京都で見つけよう

ひと口に貸事務所といっても、その形態はさまざまです。
大都市である大阪に近い京都は、業務上の利便性から貸事務所を使う企業が多いといわれています。
ベンチャー企業向けの利用形態として、コーポラティブオフィスがあります。
コーポラティブは協同、協調といった意味があり、いくつかの企業がひとつのオフィスを共有する形態を指します。
月々のコストも各企業で分割するため、単独で借りるよりもコストダウンにつながります。
また、オフィスという空間を共有するため企業間の人材交流がしやすく、アイディアの活発化が大きなメリットです。
コーポラティブオフィスと似たものにシェアードオフィスがありますが、こちらは空間的な共有のみで、コストについてはそれぞれの企業が単独で行います。
オフィスという空間がなく、電話番号や住所、FAX番号だけが用意されている貸事務所をバーチャルオフィスといいます。
自宅で作業を行っていて、住所を公開したくない個人事業主の方に便利な利用形態といえます。
貸事務所は初期投資が手軽なため、起業して間もないベンチャー企業や在宅ワーカーに広く利用されています。
京都にも幅広い条件の物件が用意されているので、自社の事業内容を検討したうえで快適なオフィスを手に入れましょう!

Comments are closed.