東京ならではの英会話学習法とは

東京ならではの英会話学習法とは

大都市東京ならではの英会話習得法があります。
中学・高校と英語を何年間も勉強したのに、なぜ日本人は英語が話せないのか、とよく言われていますよね。
それはやはり、圧倒的に話す授業が少ないからです。
実際、日本人は読解や聞き取りはレベルが高いと言われていて、非常に難しい英文を読める一方で、簡単な日常会話が成り立たないというケースが多いようです。
英会話上達には、まず話すこと!この実践を積むのが大事です。
人口が多い東京では毎日何らかのイベントが開催されていて、英語関係のイベントも多数です。
そこで、ネイティブの人と実際に話して、英語を使う経験をすることです。
ネイティブの人と会話することで、自分の英語でも伝わるんだという自信に繋がるので、モチベーションアップになります。
知らない人の集まるイベントに行くのはちょっと、という人は、英会話スクールのマンツーマン授業でネイティブの先生に教わるのも良いと思います。
東京ならスクールもたくさんあるので、まずは話すハードルを下げてみましょう。

英会話と東京のグローバル化

海外からの観光客の増加で、東京での英会話の需要は高まっています。
その勢いはオリンピックを控えて、ますます盛り上がっていくはずです。
ビジネスでも、国内だけではなく、アジアなどの海外との取引需要の高まりなどで、英語の有資格者を優遇する会社もあります。
小学校でも英語が必修化されるなど、日本人でも英語が話せることが求められる時代になってきています。
実際に、現在子供向けの英会話スクールが好調のようです。

大手の英会話スクールも、子ども向けのカリキュラムを増やしていて、業績を上げています。
現在は、従来のような座学中心の授業スタイルよりも、遊びの中に英語を取り入れたり、ロールプレイングゲームで役になりきったりするような、体験型の、より実践に近い形が主流になっています。
最近は「英会話力」の大切さが言われているので、これからの英語必修化を受けて、英語が堪能な子ども達が増えることにより、ますます東京がグローバル化していきそうですね。

Comments are closed.