弁理士の資格を取ってスペシャリストになる

弁理士の資格を取ってスペシャリストになる

弁理士は法律と専門知識に詳しい知的財産権に関するスペシャリストであり、産業財産権を権利化して発明者などの権利を守る代理人といわれる。

主な業務は特許権の取得などに必要な法的手続や審判請求の代行、特許に関する鑑定などを行っている。

また高度な専門知識によって企業に対して知的財産に関するコンサルティングも行っている。

弁理士のニーズは高く将来性があり、本人のやる気次第では高収入も夢ではなく、いずれ独立開業もできるので、資格取得の中でも人気が高い。

弁理士の資格取得の学習スタイルとして独学、通学、通信講座があるが、かなり難易度の高い資格なので独学は厳しく一般的には通学か通信講座を利用している。

通学より費用をおさえた通信講座にはインターネットを使って講義動画を視聴するWeb通信講座や講義を収録したDVD通信講座があり、忙しい社会人やマイペースに学習したい人におすすめである。

最近では移動中や外出先でも活用できるスマホ学習というのもあるようだ。

Comments are closed.