練習と試合こそテニス上達の近道

練習と試合こそテニス上達の近道

テニスをするにあたって、練習のとき、試合をするときに意識していることは各自あると思います。
試合のときはメンタル面が大きいですね。
いかに自分が冷静な判断をできるか、いかに相手の動きを見て隙をつけるか、競り合っているときにいかに流れを自分に持ってくるかなど、知らず知らずいろいろなことを考えています。
1球のミスで流れが大きく変わることも少なくはなく、肝心な場面での自分の挙動こそ真の実力を示しているように思います。
しかし、このときに、「ここにボールがきたらこうラケットを振ってこのタイミングでこのコースに打ち返そう」と思う人はいません。
狙いを定めてただ体の赴くままに動くのが普通です。
ここで日頃の練習が活きてきます。
練習では試合のことを意識しつつ、1つ1つのフォームをきちんと確認し正確に打てるようにすること、狙ったコースにしっかりと打てるようにすること、臨機応変に対応できるように無理をしてでも球を拾う努力を惜しまないことが大切です。
テニスの試合で勝負を決める一瞬をものにできるように、日々精進していきたいですね。

Comments are closed.