漏斗胸とは何なのか知っておこう

漏斗胸とは何なのか知っておこう

皆さんは漏斗胸と言う病気を聞いたことがあるでしょうか。
それは胸の辺りがへこんでしまう病気です。
左右対称に症状が現れる人もいますし、非対称になっている人もいて、バリエーションは豊富です。
特に子供に現れることが多いと言われる病気なので、子供を持っている保護者は注意してください。
最初に症状が起こっていると気が付くのは、赤ちゃんの頃であることが多いです。
漏斗胸になっている全体の70パーセントの人は、赤ちゃんの頃からすでに症状を発症していると言う研究結果が出ています。
また、小学校に入って症状を起こす人も見られますし、中学生になってから気になり始めた人も中には存在しています。
いつ症状が引き起こるか分からない病気なので、常に子供の身体を注意して観察することが大事ですし、子供にもよく言い聞かせておきましょう。
それが早期発見に繋がります。
漏斗胸は背が伸び始めた頃に発症する人も多いので、成長期は特に用心しましょう。

小さい頃に漏斗胸だと言われた場合

赤ちゃんの頃の漏斗胸かもしれないと思っても、それは勘違いであることが多いので、まずは様子を見ることが大事です。
特に3歳になっていない年齢で疑いがあった場合は、とりあえず3歳を過ぎるまでは落ち着いて様子を観察してください。
その後も変わらず胸のあたりがへこんでいるように見えたら、漏斗胸になっていると判断できるので、病院へ行って医師に相談しましょう。
赤ちゃんの頃に診断された場合は、その後の成長に大きく関係することが多いので、具体的な情報を認識しておくことを忘れないでください。
また、特に女の子よりも男の子に症状が見られることが多いと言われています。
男女比を確認すると3対1の割合になっているそうです。
時々兄弟で症状を起こしてしまう人や、親子で漏斗胸になっている場合も多いです。
全体の3割の人は家族間で発症しているので、すでに症状が確認されている人がいれば、これから発症する可能性があると覚えておきましょう。

どのような症状が漏斗胸に見られるのか

どのような症状が漏斗胸になったら見られるのか知っておきましょう。
それが早期発見に繋がります。
早い段階で症状に気が付くことができれば、治療の効果を発揮しやすくなります。
効果的な治療方法があるとは言っても、症状がかなり進行している時は効果が半減してしまう可能性が大きいと覚えてください。
幼い頃に頻繁に起こる症状を言えば、咳が長引くと言う部分です。
それを甘く見てはいけません。
ひどいケースでは悪化して、気管支炎や肺炎と言う恐ろしい病気を引き起こす原因になります。
また咳がずっと続くと喘息になることも多いです。
身体の不調を常に感じるようになるので、早めに改善できるように心がけてください。
なぜこのような症状が見られるのかと言うと、胸がへこんだことによって、空気の通り道が圧迫されるからです。
漏斗胸の治療法
また食が細くなる、食後に吐いてしまうと言う症状が起こることも多いです。
そのような症状が見られるようになったら漏斗胸を疑いましょう。

Comments are closed.