江戸時代はエコ時代?横浜にも伝わる粗大ごみリサイクルの知恵

江戸時代はエコ時代?横浜にも伝わる粗大ごみリサイクルの知恵

日本のリサイクル技術は世界でもトップクラスの評判です。
粗大ごみから携帯電話の微小金属まで再利用してしまうその技術力は、横浜などの大都市圏のみならず地方の過疎地域にも広がっています。
日本人のリサイクル精神のルーツは、実は江戸時代にあるのです。
江戸時代の人々は、日常で使うものはぎりぎりまで使い、やむを得ず捨てるものでも何とかほかのものに変えられないかと知恵をしぼって再利用していました。
これがリサイクルの原点ですね。
下駄や雪駄、包丁などは専門の職人が何度となく修理をし、ランプがわりの提灯も骨組みが完全に傷むまで紙を張り替えて使っていました。
布ひときれも無駄にはしません。
まず、古くなった着物は古着屋に売られます。
ここまでは普通ですよね。
古着としても使えなくなると、今度は子ども用の着物にまわされます。
それでもさすがに古くなるとおむつや雑巾として使われ、さらにボロボロになってはじめて、ごみとして燃やされることになります。
燃やした後の灰も古紙として再利用するのですから、見事と言うしかないですよね。
粗大ごみを効率よく処分するには、横浜がおすすめ
粗大ごみから紙きれ一枚までリサイクルする日本人は、究極のエコロジストです。
横浜の街並が江戸時代からきれいだったのも、江戸庶民の「もったいない精神」のおかげだったのですね。

Comments are closed.