男性にとってのかつらは女性にとっての化粧とおなじ

男性にとってのかつらは女性にとっての化粧とおなじ

男性にとってのかつらは女性にとっての化粧と同じなのかもしれません。

女性は小さな目を大きくしようとしたり、肌を色白にみせようとしたり、コンプレックスを隠すために化粧を施し少しでも自信を持ち輝こうとします。

男性も若く見せたりコンプレックスを隠すためにかつらをつけて輝く努力をしているのです。

女性が化粧をしていて、コンプレックスだった一重の目が「切れ長でいいかもしれない」と思い一重の目を隠すのではなくその目を活かす化粧に変えたとします。

その時周りの人は「一重の目なんてよくないのに」「私は昔の目の方が好き」と言うでしょうか。

言わないと思います。

それは自分のコンプレックスを逆手にとって輝かせて自信に繋げた彼女が尊敬でき美しいからです。

男性もずっとかつらをしていたけれどふと辞めたくなるときもあると思います。

そのようなとき、周りの反応や印象が気になって悩むかもしれませんが、周りの人は気分を一心した人を尊敬しますし自信をもって輝く男性はきっと素敵にみえると思いますから勇気をもって一歩踏み出してほしいと思います。

Comments are closed.