ビニールカーテンを製作する上で知っておくべき特徴

ビニールカーテンを製作する上で知っておくべき特徴

工場で使用するビニールカーテンを発注する時に、注意するべきことがいくつかあります。
まずは公的機関への書類申請手続きについてです。
工場内に専用カーテンやテント倉庫を設置する際は、事前に様々な書類を提出しなければなりません。
例えば、地質調査であるとか申請用図面などの書類です。
これら重要書類の申請は製作企業が代行してやってくれるので一安心だと思います。
次にテントの持ちの期間についてです。
テント倉庫は10年程で布を張り替えるくらいで良いそうです。
そしてビニールカーテンの特徴としては、環境改善、安全面、防音などが挙げられます。
1つ目の環境改善ですが、細かな塵や粉が工場内を汚さないように、作業場をカーテンで囲います。
2つ目の安全面では、燃えないカーテンを使用することで、防火が出来ます。
国から不燃を認定されたカーテンです。
3つ目の防音についてです。
防音効果のあるカーテンで囲うため、高い音も低い音も遮断することが出来ます。
これらの他にも、省エネが出来たりもします。
ビニールカーテンやテント倉庫はこのような特徴があり、ほぼメリットしかありません。

Comments are closed.