建材加工機械と日本ロール製造

建材加工機械と日本ロール製造

日本ロール製造という会社をご存じでしょうか。
建材加工機械に使われるロールを中心に製造している会社です。
建材加工機械で製造された商品は見る機会もあるかもしれませんが、建材加工機械自体を見る事は中々ありません。
ロールは建材加工機械の心臓部であり、精密で耐久性のあるものでないと建材は製造できません。
建材以外にもプラスティック、合成皮革、タイヤ、ゴムなど精密で耐久性のあるロールがなければ製造せきない製品は多数あります。
機械名で言うとプラスティック加工機械、ゴム・金属圧延機械、二次電池加工機械等です。
日本ロール製造の作るロールが組み込まれた機械は、明治時代から日本のいたる工場で使われてきました。
ロールには高合金ロール、鋳鉄ロール、遠心力鋳造ロールなどの種類があり、機械の用途に応じて組み込まれます。
最近では大型で精度の高い機械が増えており、機械プラントとして製造されるものは数億円から数十億円にもなるそうです。
こうしてみると日本ロール製造がどのような会社か、とても興味が湧いてきます。

日本ロール製造が支える上下水道

上下水道に使われるパイプも日本ロール製造が作っているものが多数あります。
上下水道は国民の生活に欠かせないライフラインですが、どのような構造になっているかは中々知る機会がありません。
水が通るパイプなのに、何十年も腐食したりしないで国民の生活を支えてくれるのはどうしてなのでしょうか。
上下水道のパイプには硬質塩化ビニル管、ポリエチレン管といったものが使われております。
硬質塩化ビニル管は通称「塩ビ管」と言われており、赤さびが発生しないので上下水道管以外にも電線管など幅広く使用されているそうです。
しかも塩ビ管の内側はツルツルで摩擦抵抗が少なく、汚れの付着があまりなく異物も発生しないために効率よく水が流れ、かつ軽量で色々な形の管があるために施工が便利で多方面に使用されております。
日本ロール製造が誇る技術の力
また、薬品にも強く、耐食性・耐久性にも優れているので酸性土壌や汚水の酸、アルカリ性物質による劣化も少なく、衝撃等にも強いので地震や地盤沈下にも安心です。
日本ロール製造は日本のライフラインも支えていると言っても過言ではありません。

Comments are closed.