日本の工業化を支えてきた日本ロール製造

日本の工業化を支えてきた日本ロール製造

日本ロール製造の創業は明治21年(1888年)と非常に古く、日本の工業化の発展に大きく貢献してきました。
明治維新政府の殖産政策は在来工業の近代化です。
産業革命以後、西欧列国はどんどん工業化して産業が発達し、国力を高めてきました。
そんな西欧列国追い付き追い越すためにも工業の近代化は日本にとって至上命題でした。
当時の日本の主な産業は紡績(綿業)、製糸(生糸)、織物、毛織物などの紡績業です。
産業を近代化させるためには、工業化のための機械が必要です。
その機械を製造してきたのが日本ロール製造です。
日本の工業の歴史において、決して表には出てきませんが、産業の工業化のための機械を製造することにより、裏方として多大な貢献をしてきました。
明治後期には、軍事工業を中心に重工業が発達します。
そこで必要になってくるのが建材加工機械、そしてそこに使用されるロールです。
日本ロール製造は日本でも数少ない、近代の工業化を支えてきた老舗企業だったのです。

Comments are closed.