施設で使われる介護用椅子のデザイン

施設で使われる介護用椅子のデザイン

今回は、介護施設で使用している、椅子やテーブルに関する話をしたいと思います。
実は私、介護施設で、ボランティアとしてですが、パソコンの使い方を教えていた経験があります。
その時、利用者さんたちが生活する部屋を見ていました。
そういった経験からなのですが、私が感じたことを混じえて話していきたいと思います。
まず、気がついたのは、「テーブルが大きいこと」「椅子がゆったりしていたこと」といった感じがしました。
オフィスなどで使う、身体を包み込むような感じではなく、腰回りから肘掛けまで、結構な隙間があるような感じのデザインでした。

私も、パソコンの使い方を教えていた時に、その椅子を準備されたことがあったのですが、正直、講師をしている時には使いづらいものでした。
ですが、今回紹介するにあたって調べてみたところ、それらのデザインは、高齢者だけではなく、介護施設で働くスタッフの、身体への負担を減らせるものだと分かりましたので、みなさんにも知ってもらおうと思い紹介します。

Comments are closed.