営業代行を扱う各社の情報から分析

営業代行を扱う各社の情報から分析

さて、この『営業代行』というサービス、その肝心の費用はいうと…。

正直わかりません(連休に突入したため、アポが全くとれませんでした)。

ですが、インターネットで『営業代行』と入力すると、かなりHITします。

そこから推測することは可能です。

その中で出来高制・単価制・成果報酬型などの文言が並びます。

どうやら決まったカタチはない様です。

おそらく、契約としては使用したい会社さんと『営業代行』会社さんとのやり取りで決めるのだど思います。

よって、ある程度の交渉の余地もあるように思えます。

なので上記に挙げた3つの報酬形態からの効果を考えてみたいと思います。

 まず出来高制…アポイントを取る。

契約に結び付けるなどで段々値段が変わるでしょう。

アポを取るだけなら誰でもできるので契約成立件数がカギとなります。

 次に単価制…アポ○○円、契約○○円となるはずなので、契約に結びつけるために必要なコストと受け入れるかどうか、ですね。

 最後に注目したいのが成果報酬…これをうまく活用することで、あらかじめ新事業のリサーチを行い事業として成立するかどうかのチェックをすることができるかと思います。

Comments are closed.