営業代行と派遣会社の違い

営業代行と派遣会社の違い

営業という一部門をアウトソーシングする。

おそらく、最初は難しいだろう。

日本人は大多数が保守的な考え方が未だ根強いし、何より自分たちの仕事が取られるという思いも強いだろう。

だがこの『営業代行』というサービスは強みもある。

営業という部署の性質上、既存の顧客の話を伺うことや過去に取引のあった顧客などの掘り起こしの優先となり、新規開拓はとにかく後回しにされがちである。

ここを切り取り、『営業代行』するのだ。

そうすることにより、既存の営業部の人間は上記の業務に専念できる。

またこれは派遣会社では難しいことだろう。

あくまで営業の一員として組み込まれるので、新規開拓はさらに難しいことは容易に想像できる。

さらにコストの面でもここを切り出すことによって余計な人員を割く必要がなくなり、必要があれば外注に出す。

これにより常時かかるコストのスリム化を図ることができる。

また、マーケティング調査の面でも有用だろう。

新商品を発売する際には、テストマーケティングを行うのが一般的であるし、そのデータは正確であることが前提である。

得られたデータが正確であるほどその後の判断もより正解に近づくだろう。

Comments are closed.