レーザ加工システムで作業の効率化を図る

レーザ加工システムで作業の効率化を図る

金属や宝石、そしてセラミックスなどに穴を開けたり、特殊加工をする時に使うレーザ加工システム。
私の会社はそのシステムを導入し加工技術を磨いているのですが、先日新しいシステムが導入されるらしく社内研修を受ける事になりました。
どういった研修なのか確認すると、加工技術を向上させる事により更に生産性を上げて効率化を図るとの事でした。
確かに従来の技術ばかりに頼っていては効率が悪いですよね。
また質問した担当者から聞く事が出来たのですが、その技術を紹介しているところがあるとか。
実際に自身で調べてみると確かにレーザ加工システムによる効率化や、発生するランニングコストなどが明確に紹介されていました。
こんなに細分化されて説明しているのであれば、私の様な技術者でなくとも理解出来ると思いました。
他にも製品の特徴や、特化した機能だとか基本的な性能と様々な事が説明されていました。
実際に施工したテスト例などもあったので、驚きましたよ。

これでデブリも無し!クリーンなレーザ加工システム

以前まではレーザ加工システムは施工をした時に出るデブリ、所謂細かいゴミの事なのですがその後処理が大変だと言われて導入する企業はあまりいませんでした。
しかしその加工技術が発達する事によりデブリが出ない様に設計されているものや、後処理が簡易的になった技術などが出てきてレーザ加工システムは色々な企業で導入される様になってきました。
私の会社は比較的、導入は早く今でも最新の技術や器具を導入しています。
今回導入した製品に関しては、事前に細かい性能の説明を見ながらでしたので実際に使ってみて「何だか違う。
」と言う事もありません。
しかもより細かい施工が可能になった点と、今まで使っていた機器よりも硬い材質のものを加工出来ると載っていました。
これならより繊細な施工をする事が出来ますし、今よりも更に生産性や精度が上がるのではないかと密かに思っています。
その為には早くこの機器を、使いこなせる様に努力せねばなりませんね。

ランニングコストを考えた上でのレーザ加工システム

先月、工場長より新しいレーザ加工システムが導入されると聞きました。
私は施工をする側なので、どういったものが入ってくるのか気になり工場長へ聞いてみたのです。
すると工場長から、機器の名称とそれについて詳しく情報を掲載している所があると聞く事が出来ました。
仕事が早く終わった時に検索してみると、確かにその器具について詳しく掲載されていました。
まずは基本スペックです。
今使っている器具よりもレーザが細かい為、より細かい加工や硬い材質のものにも穴を開ける事が出来ます。
そしてレーザ加工システムを使う事によって、かかるランニングコストについても載っていました。
レーザ加工システムでコスト削減
従来の器具との比較でしたが、かなりランニングコストを抑える事が出来る様で無駄な費用が削減できるらしいのです。
生産性をあげながら、ランニングコストを低下させるなんていい事尽くしですよね!施工に関しても、今までよりも楽に施工できそうなのでこのレーザ加工システムが導入されるのが楽しみになってきました。

Comments are closed.