わたしがアロマディフューザーに魅かれる理由

わたしがアロマディフューザーに魅かれる理由

小さなモーター音をひそかに奏でながら、にたすらにアロマの香りを解き放ち続ける存在がわたしの家庭に足を踏み入れたのは、アロマディフューザーが解き放つLEDのはかない輝きと、くゆらせられる水が織りなす癒しのエネルギーがわたしの心を魅了したからなのかもしれない。

いまでこそ様々な形のアロマディフューザーが販売されているものの、発売当初は丸型のものが主流で、大きさとテーマカラーくらいしか選択の余地がなかったことを思い出す。

しかし、いまはさまざまなカラーリングだけでなく、デザインにしても可愛いものからシブいものまで、おそらくは部屋のコーディネートに合わせられるものを!

というようなコンセプトであろう多種多様なタイプのアロマディフューザーが開発され、販売されているようである。

今流行のアロマディフューザー

しかし、わたしはいまでも当初の丸いディフューザーの愛らしい動きに心を動かされてしまう。

なんだかんだ言いながらも、原初のスタイルというのは良いものだ。

Comments are closed.